生前にも整理できる

節税に役立つ取り組みとしては、従業員を生命保険に加入させる方法や相続関係を上手に片付けるという方法があります。
その中でも相続関係は誰しもが直面する可能性のあるものです。財産が特にないといってそのままにしていては、後から困った事態に直面してしまうこともあります。
そうかといって相続などに関することはとても自分で勉強する時間を取ることはできません。司法に関することは民事関係を含めると膨大な量になってきてしまうので、どこから勉強をしたら良いのか分からないということもあります。
相続のことなどで困った問題が出てきてしまった、もしくは生前に対策をしておきたいというときには、司法の専門家に相談することが大事です。大阪のような都会では、弁護士事務所や司法書士事務所、行政書士事務所もあるので頼りにできます。

弁護士よりも司法書士の方が相談しやすいとして利用する人は多いです。弁護士と同じように、相続放棄や節税、手続きを請け負ってくれるのでとても助かります。
司法書士事務所では初回の相談は無料になっている場合もあるので、費用のことを気にせずに相談することができます。出かけることが困難な場合は電話で相談することもできます。
大阪はとてもアクセスが良いので、司法書士事務所も駅近くに存在していることもあります。気軽に出かけて相談するという心持ちで一度相談してみると良いです。
面倒な法務局とのやりとりや、書類手続きの作成をしなくても済むので、できるだけこういった大阪や全国にある専門家を利用しましょう。


半額が損金になる商品

商品によって保険料に関する税務上の処理方法が異なり、大きく分けて保険料の全額が税務上の損金になる商品と保険料の半額が損金になる商品があります。戻り率を確認しながら加入しましょう。

Read More »

効果的な節約

法人が従業員を被保険者とした生命保険に加入して法人税を節税するケースが増加しています。生命保険の契約は被保険者の同意が不可欠ですので、法人は従業員に保険契約の趣旨を説明しなければなりません。

Read More »

可能性の検討

離婚で慰謝料を請求したいと思うのは、当然の感情です。ですが、理由によって請求できないケースが有る場合があることを知るのは大切です。同時に、どんな条件なら慰謝料請求ができるのかを知っておくのも欠かせません。

Read More »